2018年01月14日

50%の確率を10回連続で引くほど強運の持ち主がいる

どうしても、パチンコは引きが強い人と弱い人がいます。

確率論だから、誰が打っても同じだろう?

基本的にはその考え方で立ち回ってきました。

しかし、認めたくはありませんが天性の引きを持っている人が、実在するのも事実です。

今回は、私が知っている引きが異常に強い人の特徴をお教えします。

hot-3124662_640.jpg

パチンコで引きが強い人の特徴

@お金持ち

世の中不平等なことに、金持ちの方がパチンコで引きが強い傾向にあります。

金持ちの余裕に、金がまた集まってきて当たりを引くのです。

しかも、当たりをバンバン連チャンさせます。

逆に貧乏人は引きが弱い傾向にあります。

最後の金を握りしめて闘いに挑むと、負ける確率が高いのはご承知の通りでしょう。

しかも、びっくりするほど当たらない。

そんな時に無理したら、絶対に大けがをするでしょう。

つまりお金に余裕があるときでなければ、パチンコで勝つことができないとも言えます。


A勝負に強気

「どうせ今日行っても負けるだけだし・・・。」

こう思いながらパチンコに行った時点で、びっくりするほどその予想が的中します。

パチンコは確率論、それを重々承知した上ではっきり言います。

パチンコに行くときは、強気でなければ勝てません。

特に軍資金が少なければ、確率論なんて通用しません。

10万円以上持っていない時にやるパチンコはただの賭けです。

そして、ギャンブルの極意は強気で賭けること。

ビビった時点で負けたようなものです。


B几帳面でキレイ好き

以前は、パチンコに運気は関係ないと思っていました。

どうせ全てが確率論だと思っていたのです。

しかし、あることに気が付いたのです。

勝っているときと負けているときの、車の中や家の状態などが大きく違うのです。

勝つときは、家や車内がきれいに整理されていました。

そして、生活に最低限必要なものは全て揃っていました。

仕事だってきれいに片づけて気持ちよくパチンコを打つことができていました。

でも、負けている時は全てが雑になっていました。

家も車もゴミだらけ、そして仕事だって中途半端な状態でパチンコを打っていました。

それで、またパチンコで負けたら余計にやる気を失ってしまいます。

この悪循環を断ち切るためには、パチンコを打つ前に自分の身の回りを整理しておくべきです。

posted by 虹のジョー at 04:37| Comment(0) | 勝つための心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

新年あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

2018年最初の投稿です。

961110.jpg

昨年で10年以上のパチンコ生活に終わりを告げました。

おかげで、有意義な時間を作ることができました。

パチンコを辞めて、時間を得ることができたため様々なことを考えることができました。

そして、その時間をクラウドソーシングの仕事に力を入れることができたことも大きな変化でした。


だけど、パチンコのことを忘れてしまったわけではありません。

来年から規制が入るにも関わらず、いまだに人気機種が規制前のスペックで登場しているようですね。

様子を見守りつつ、今はパチンコと距離を置いていたいと思っています。


パチンコは楽しいかもしれませんが、それより楽しいこともたくさんあります。

パチンコで勝つだけが人生の楽しみではありません。


ところで、私も今年の目標をたてました。


それは月に10万円以上副収入を達成することです。


この目標達成したら、一時的にパチンコに復帰します!

これまでこのブログを読んでいた人は、

「え?」と思うかもしれません・・。


パチンコに復帰する理由、

それは、これまで自分の立ち回りをブログにしたことがなかったからです。

これまでたくさんやっていたパチンコ、記録に残しておけば良かったと思っています。

立ち回りをして、そのブログを更新してみたかった!

という思いがあり、こういう目標に設定しました。


それでどうやって月に10万円以上稼ぐの?

その方法はいくつかあって、今後の更新で自分がやっていることについて書いてみようと思います。

とにかく、できるだけ早くこの2つの目標を達成します!



posted by 虹のジョー at 03:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

とんでもないパチンコ屋のクリスマスプレゼント

PAK151217239120_TP_V.jpg

クリスマスが近づいている。

そんなの関係ねぇ。

パチンコ屋でメリークリスマス!

こんなにもひどい時間の使い方はあるだろうか。

ひとりぼっちでクリスマスを過ごす、悲しいクリぼっち君ならまだしも

大事な人、恋人や子供がいたとしても

クリスマスにパチンコがしたい!って思うなら

完全におかしい!と自信を持って言えるだろう。

大事な人と過ごす時間よりも大事なものがパチンコであれば

それは人間として大事な何かを失っているのだ。

だって、クリスマスは大事な人への感謝や想いを伝える文化だ。

恋人がいれば、恋人が喜ぶ顔が見たくてデートやプレゼントの構想を練るだろう。

親であれば子供にどんなプレゼントを買ってあげるかを考えるだろう。



その人間らしい思考回路を全て止めて、

それでもパチンコにいくあなたには

「回収」という

とんでもないクリスマスプレゼントをパチンコ屋からもらう羽目になるだろう。

子供の頃はクリスマスと言えばプレゼントをもらうものだった。

だけど大人になったら、大事な人を笑顔にさせる日だと言える。

まだ、あなたがクリスマスに大勝のプレゼントがあるかも?と思っているなら、

身体は大人で頭脳は子供ってことだろう。


posted by 虹のジョー at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

「パチンコを続ける人」は未来を4パターンから選びなさい

パチンコが大好きな人間に残された選択肢は意外と少ないのだ。
パチンコを続けるあなたは、今後どのパチンコライフを選びますか?
以下の4つの中から選びなさい。

@パチンコでたまに遊ぶ(負け組)

・お金でストレス発散ができる
・遊ぶって時点で負け組
・お金は失っても仕方ないよね。遊びだから


Aがっつりパチンコで遊ぶ(負け組)

・パチンコ屋にとにかく居たい人
・パチンコでお金を使っても痛くも痒くもないお金持ち
・1円パチンコで時間だけを浪費する
・負け組コミュニティの輪に入りたい人

Bパチンコでたまに稼ぐ(勝ち組)

・立ち回りを知っている
・パチンコの仕組みを本当に理解している
・2足のわらじで社会的な立場も確立
・パチンコは趣味の一環でもある

Cパチンコを本業にする(勝ち組)

・パチンコ屋に毎日いる日々
・パチプロ期間が長いほど社会復帰は絶望的
・パチンコ関係以外の友達はいない
・どんなに稼げたとしても、誰にも尊敬されない

パチンコを生涯続ける人の末路は以下のどれかに当てはまる。
Aのパチンコでがっつり遊ぶ人が一番悪いのは、誰でもわかることだろう。
そして、Bが一番賢い人だと私は考えている。

だけど@とCどっちが悪い?と聞かれると少し迷う。
だが社会的な立場から言えば、たまにパチンコで遊んでいる@の方が定職があるだけ良いだろう
パチプロに行きついた人は、あまり幸せそうに見えないのも事実だ。
それ以上に将来的な不安が付きまとうだろう。

そして、自分の職業を問われたときに、「パチプロです」なんて言えないだろう。
職業を問われることは日常的によくあることだ。パチプロは常識の範囲内で職業とは言えない。
職業なら、パチンコで勝った儲けから所得税を支払うべきだ。つまり、パチプロは税金を払っていないので、コツコツ働いて税金を毎月収めている人から見れば、煙たがられる存在なのだ。


パチプロという生き方を選んだ人の中には、自分がパチプロであることにコンプレックスさえ抱いている人もいるようだ。
人とは違う、アウトローなパチプロという生き方。
選びたければ選びなさい、ただしそれは思っているほど良いものではないのだよ。

posted by 虹のジョー at 02:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

パチンコを打った人の中で一番ラッキーな人は誰?

パチンコで一番のラッキーは「大当たり」ではない

地獄の沙汰も金次第ってことわざがあるほど、お金は重いもの。

カイジの中で「金は命より重い」という名言があるが、それも納得できるほど大事なお金。

そんなお金が飛び交うパチンコという遊び。

そんなパチンコにハマっている人は、もはやただの遊びではなくなっている。

最初は遊びのつもりで始めたとしても、打てば打つほど深みにハマっていく。

それは勝っても負けても同じことである。


cube-3116778_1280.jpg

もしパチンコで勝ったら?

「次も勝てるのでは?」と思いパチンコを続ける。


もしパチンコで負けたら?

「負けたままでは終われない」と思いパチンコを続ける。


そう終わらないスパイラル。

らせんの中で勝った負けたに一喜一憂し続ける。


こうしてパチンコの深みにハマってしまった人は不幸である。

ただし、一度もパチンコで勝てなかった人は不幸ではない。

きっとお金を失うことになるだろう。

その金額が5万だろうが10万だろうが、パチンコを続ける人より不幸ではない。




初めてパチンコを打ったときから一度も勝てなかったなら、

あなたは絶対にパチンコを打ち続けてないだろう。


「一度もパチンコで勝てなかった人」

この人こそパチンコを打つ人の中で一番ラッキーな人。

monkey-474147_640.png

パチンコを知らない人が大金を失った人は「もう二度とやらない」と思ったことだろう。

最初に嫌な思いをした人は、今後の人生でパチンコに時間を奪われることがない。

逆に最初にビギナーズラックで大勝した人ほど、その後のパチンコライフは散々なものである。

脳内にパチンコで勝ったときの喜びが、ド派手な演出とともに刷り込まれている。

アドレナリンがガンガン分泌される快感を覚えてしまう。

誰もがパチンコに洗脳される瞬間だ。

あなたがもし、パチンコで勝ち続けているならこれからも続ければいいだろう。

ただし、「なんでパチンコ打っているのかわからない」ならパチンコについて真剣に考えるべきである。




posted by 虹のジョー at 01:47| Comment(2) | 勝ち組論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
賢い人はやっている!【厳選☆お金の稼ぎ方情報】
モッピー!お金がたまるポイントサイト