2017年01月09日

正月パチンコでの失敗談(30代、男性、会社員)

今までに、お金で失敗した経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
年始早々、パチンコなどのギャンブルで大負けしていしまい、それが原因で生活がキツくなってしまった方もいるでしょう。
 特に、パチンコなどのギャンブルは、正月は出さないことがジンクスなので、いくらパチンコが好きでも行かないのが必勝法です。
 若い頃は、正月の定例行事と言えばパチンコでしたが、振り返ってみると勝ったためしは殆どありませんでした。パチンコ屋も商売なので、年末の新台イベントなどで出した分はお正月に回収するのがセオリーではないでしょうか。
 私も、正月パチンコで大負けしてしまい、クレジットカードのキャッシングを利用して資金調達したこともありますが、ギャンブル原因のキャッシングは失敗に失敗を積み重ねてしまうものです。
 余りにも、キャッシングをし過ぎたため結果的には、返済が厳しくなり支払いが困難になったこともありましたね。
 40代の男性で会社員として働いていますが、正月はパチンコに通わなくなりました。正月のお金の使い方が変わり、心身をリフレッシュするため、温泉やサウナ代に充てるようになりました。
 値段のお手頃なサウナであれば、例え宿泊しても飲食代含めても5千円台程度ですので、パチンコに使うよりも有意義ですよ。
(30代、男性、会社員)
ラベル:#正月 #パチンコ
posted by 虹のジョー at 22:37| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

パチンコ依存の恐怖と失敗談(30代 男性 会社員より)

ギャンブルにハマるととことんやってしまう性格により失敗した経験がございます。
中でもパチンコはとにかく好きでした。
玉が中央の穴に入って演出が始まります。
そこで大当たりを引き当てることができれば、喜びうかれて有頂天になることができました。
しかしながら大当たりには毎度出会える代物ではありません。
そのため借金や苦労を味わった経験があります。これこそが私の失敗です
。もちろん良い時(勝った)もあったとは記憶にありますが、個人的な感想としてはお金のかかり過ぎる趣味といった感想です。特に覚えているのは、大当たりに繋がるリーチ画面です。
通常リーチといってもいくつもの演出があって全てが大当たりに繋がるわけではありません。
またこれは無理(大当たり出来ないだろう)と思っても大当たりすることもあります。
そのためやめて帰る(やめ時)が特に難しいのです。いつ何時大当たりがくるかもしれないといった心境がここにはあります。実際に経験のある人であれば容易にご理解いただけることかもしれません。
それはあくまで未経験の人には理解して貰えないことでしょう。
その大当たりの快感を体感すると面白い程にハマってしまいます。
借金までしてハマったパチンコですが、お金の価値を理解する上で非常に勉強になりました。
ギャンブルでつくる借金は、私生活の全てに影響を与えますので、やはり後悔していることもあります。
(30代 男性 会社員の体験談)
posted by 虹のジョー at 22:14| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

パチンコに依存するということ〜依存症の原因と対策〜

人間って不思議で、一度ギャンブルで勝った記憶は忘れません。負けた記憶は曖昧になり、忘れたりします。多分覚えている記憶は、大負けした時の金額と状況…。



裕福な時にギャンブルで勝っても喜びは少ないです。

問題なのは、絶対に負けられない!って状況で勝つ感覚を味わうこと…。

一度味わうと癖になるぐらい興奮や感動や世界観が変わります。負けてもいつか取り戻せるとポジティブな一面まで生まれるのです。



ギャンブル依存症の原因は勝つ事か?

勝つ事で得られる興奮とお金を賭けるという行為。

一か八かの勝負を楽しむという状況が依存症の原因です。



依存症の人は、そういった状況が好きなんですよ。

気がついていないだけで、実は興奮を楽しみ、勝った時の幸福感を望んでいます。



また、失った物がお金だけでは無いと言う事にも気がつきません。大切な何かを無くすまで気がつかないのです。


もし、旦那や嫁がハマり、生活費をも賭けて勝負してしまうようなら、マジで深刻な状態なので、直ぐに対処するべきです!
posted by 虹のジョー at 15:16| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事