2018年02月25日

家族全員がパチンコ依存症だったら?

これはもう10年ほど前の話。

僕が営業職で仕事を探しまわっていた頃、あるパチンコ家族と出会った。

african-american-3154942_1280.jpg

その家族とはパチンコの話で盛り上がり、仲良くなったことがきっかけで成約に結びつき、その後も良い関係が続いた。

一見どこにでもいる幸せそうな家族だが、

この家族のすごいところは家族全員がパチンコを打つということだ。

もちろん小さな子どもは打たないが、息子夫婦とその親夫婦の全員がパチンコを打つのが趣味だという。

それだけいれば、かなりお金がかかるんじゃない?

そう聞いたら「もう家が買えるくらいはパチンコにつぎ込んだ」という。

少なく見積もっても1000万円以上のお金を家族でパチンコにつぎ込んだというとんでもない話だ。

しかし、当時の私はなんて面白い家族なんだろうと思っていた。

それはパチンコが好きという気持ちにまだ共感が持てていたから。

だけど今パチンコとだいぶ距離を置いた生活をしているから、冷静になって考えてみるとその生活って幸せではない。

パチンコにつぎ込んだお金で家族旅行をしたり、むしろ家を買っていた方がよっぽど有意義な生活を送れたはずだ。

家族全員を巻き込んでパチンコの奴隷となっている、そんな人も存在しているのだろう。

稼ぎが高い家族だったので、大きな借金を負っていないそうだが貯金は全くなかったようだ。

以前のパチンコでもこれだけの依存が発生していたのに、最近のパチンコはあまりに面白過ぎる。

スペックは別として演出もパチンコの世界に入りこめるほどリアルで、打っている間に様々な感情が沸き上がる。


嬉しい、悲しい、楽しい、つらい

喜怒哀楽をパチンコで覚えたら、他にそれ以上の快感を得ることが難しい。

きっとその家族はパチンコという日常に、すべての楽しみや感情をゆだねていたのだろう。

それに家族全員がパチンコ経験者というのも、パチンコがやめられない原因だろう。

パチンコを打っている人が近くにいるって恐ろしい。

だからといって、それも生き方の一つだからその人の人生を否定することはできないが、今さら思い出して悲しい気持ちになってしまった。


posted by 虹のジョー at 21:39| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

パチンコに依存しやすい年齢とは?

タバコやお酒への依存は、若ければわかいほど高いと言われています。

もちろんパチンコの依存も例外ではありません。

girl-3041391_640.jpg

皆さんの中には、学生時代からパチンコをしていたという人もいるかもしれません。

私の知り合いでパチンコ依存度が高い人ほど、早い年齢からパチンコを始めています。

特に学生の頃は、友達がやっていると影響を受けて自分もやってみようという気持ちが生まれます。

それから深みにハマって、時間があればパチンコというパチンコ依存状態になる人だって多いのです。

実際パチンコ屋がなんだかんだで廃れない理由は、パチンコ依存によるものが大きいのです。

パチンコをするかしないか選択の余地がないほど

「パチンコ屋にいるのが当たり前」の状態になります。

パチンコをするのが早ければ早いほど、パチンコにのめり込む可能性が高まります。

パチンコを「やる」か「やらない」かの選択は誰にでもできます。

実際私も若い人達がパチンコの話をしているのをよく耳にします。

そしてこう思うのです。

「今は楽しいかもしれないが、後々地獄を見るかもよ。」

あなたは若い人にパチンコをやることについてどう思うでしょうか?

私は絶対にやった方が良い!とは口が裂けても言えません。
posted by 虹のジョー at 00:26| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

危なかった!忌々しいパチンコ屋にまた入ろうとしてしまった・・・

パチンコ屋に入ったら負け

勝ちづらくなったパチンコ屋にもう足を運ぶのはやめよう!

そう決意してからしばらくパチンコ屋に行くことがなくなっていた私。

そして、普段もパチンコ屋に行きたいと思うわかでもなく、中毒症状が抜けてきたと思っていました。

やっぱり私は、もう完全にパチンコをやめることができたんだ!

「あんな忌々しいパチンコ屋に入ることなんて二度とないだろう。」


しかしなぜか、ふとパチンコしようかな?と思ったことがありました。


パチンコ屋に行きたくなる日ってどんな日?

毎日パチンコ屋に入っている人は、それが日常なので、当たり前のようにパチンコ屋にいる日々を送っていることでしょう。

私は、そういった日々から身を引いて、完全にパチンコと遠ざかった日々を送っています。

ただ、パチンコをやめてから、パチンコ屋で浪費していた時間がなくなり、家で過ごすことがが多くなりました。


「仕事行って早めに帰宅、

家族との時間や家事を手伝ったり、

なんていいパパになったんだ俺。」

そう思いながら、毎日毎日

仕事をして、家に帰っての繰り返し。


そんな平凡な日常が一番大切です。


そんなことわかってるでしょ?


・・・・・・・・


・・・・・・・・。


「パチンコやりてぇーーーーーーーー!!( ゚Д゚)」


って気持ちわかるでしょ?


危なかったけど、それでも私はパチンコ屋に行きませんでした。


私は家でブログを書いたり、

クラウドソーシングでライティングの仕事をしたり、

パチンコをやめた方が良い理由がありました。


だから、パチンコに行くよりも、パソコンの前にいる方が今は楽しいんですね!

パチンコをやめたい人は、パチンコのかわりに没頭できる趣味を見つけた方が良いと思います。



※クラウドソーシングとは?

ネットを使ってコンテンツ(ブログやHP)を作り上げるお手伝いをする仕事です。
パソコンがあればいつでも仕事ができます。

クラウドソーシングについての詳しい記事もあります。





posted by 虹のジョー at 22:47| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

ひろゆきさんがパチンコを打つ奴はバカだと豪語している件に少し納得してしまう

ひろゆきさんの発言「パチンコをする奴はバカ」が話題

にちゃんねる創設者として、有名なひろゆきさん。
最近ではホリエモンさんと一緒にyoutube対談をしています。

そんなひろゆきさんはパチンコについて結構辛口のコメントをしています。

何度もパチンコをする人はバカだと発言しています。

もちろんパチンコをしている自分からすれば、少しイラッとしてしまう発言です。それで炎上することもあるようです。

ですがひろゆきさんの言ってることは実際にパチンコをやっている私にも納得できる部分が多いのです。



パチンコの利益はどこから搾取しているのかもう一度思い出そう

パチンコ産業は世界のトヨタ自動車を越えるほどの規模です。
それだけたくさんの人がパチンコをやっています。

そこで少し考えてみてください。
それだけの利益をパチンコ屋は出しているのです。

それはどこから搾取しているのか?
se_002.jpg

それはもちろん遊戯をしている我々からです。

負ける日があれば勝つ日もあるのがパチンコです。

勝ち負けにストイックにならなければ、完全にお店のカモになってしまうだけです。
収支計算や回転数を気にしていない人は、全員ただのカモとなってしまうのです。

だって全国で何兆円という莫大な金が遊戯をする人から搾取されているという事実があるです。
これだけ厳しい現状の中で勝ち組になるということは、至難の業といえるでしょう。

ひろゆきさんが勝てないことをやっている人はバカだと言っている事も間違っていない事実です。

事実から目を背けないこと、それが問題を解決するために絶対に必要なことです。
ただのパチンコ依存症では絶対に勝ち組になることはできません。
これからもパチンコをするのであれば「バカ」と呼ばれないようにストイックな戦い方をしていきましょう。

【ブログ村参加中!】
みなさまのおかげで頑張ってブログを書くことができて、本当に感謝しています。
今後も良サイト作成のため応援クリックをお願いします↓(*^^*)↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
posted by 虹のジョー at 00:50| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

正月パチンコでの失敗談(30代、男性、会社員)

今までに、お金で失敗した経験は誰にでもあるのではないでしょうか。
年始早々、パチンコなどのギャンブルで大負けしていしまい、それが原因で生活がキツくなってしまった方もいるでしょう。
 特に、パチンコなどのギャンブルは、正月は出さないことがジンクスなので、いくらパチンコが好きでも行かないのが必勝法です。
 若い頃は、正月の定例行事と言えばパチンコでしたが、振り返ってみると勝ったためしは殆どありませんでした。パチンコ屋も商売なので、年末の新台イベントなどで出した分はお正月に回収するのがセオリーではないでしょうか。
 私も、正月パチンコで大負けしてしまい、クレジットカードのキャッシングを利用して資金調達したこともありますが、ギャンブル原因のキャッシングは失敗に失敗を積み重ねてしまうものです。
 余りにも、キャッシングをし過ぎたため結果的には、返済が厳しくなり支払いが困難になったこともありましたね。
 40代の男性で会社員として働いていますが、正月はパチンコに通わなくなりました。正月のお金の使い方が変わり、心身をリフレッシュするため、温泉やサウナ代に充てるようになりました。
 値段のお手頃なサウナであれば、例え宿泊しても飲食代含めても5千円台程度ですので、パチンコに使うよりも有意義ですよ。
(30代、男性、会社員)
ラベル:#正月 #パチンコ
posted by 虹のジョー at 22:37| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
賢い人はやっている!【厳選☆お金の稼ぎ方情報】
モッピー!お金がたまるポイントサイト