2016年01月11日

稼働時間があまりとれない人の立ち回り

hqdefault.jpg

稼働時間があまりとれない人の立ち回り方です。

1日4時間以下しか稼働できない人が該当するかと思います。

それでは解説していきます。

まずは換金率によるホールの選択です。もう皆さん気づいているとは思いますが、稼働時間が短い場合は高換金率ホールのほうが望ましいです。

これは、稼働時間が短いと換金ギャップが相当な邪魔者になるからです。(換金ギャップについてはこちら)

おそらく換金ギャップのせいで、低換金率のホールではボーダーラインを超える台はなかなか見つからないと思います。

さらに、そうこうしているうちに稼働時間はどんどん少なくなっていきます。

そうなると、結局まともに打てなかったり、打てても期待値が大して稼げなかったりと、打たないほうが良かったんじゃないかということになりかねません。

折角の貴重な稼働時間を無に帰する行為は避けるべきです。

というわけで、換金ギャップの少ない高換金率のホールで打つようにしましょう。

出来れば稼働時間でボーダーラインが変わらない等価交換が望ましいです。

ただ、等価交換やその他高換金率のホールでは、前回言ったようにボーダーラインが低い分回らない調整にされていることがよくあります。

そのホールで比較的釘の開いている台でも、ボーダーラインを少し超える程度ということなんてザラです。

ではどうすればいいのか。

もちろん高換金率のホールでもしっかり探せばそれなりの台は見つかりますので、それをきっちり時間いっぱい打ってもいいでしょう。

ですが先程も言ったように、しっかり探している間にも時間はどんどん過ぎていきます。

もともとあまりない稼働時間がさらに短くなってしまいます。

そこで私がおすすめするのは、貯玉制度のある低換金率ホールで立ち回ることです。

低換金率ホールは前回説明したように、高換金率ホールよりは回る台がみつかりやすいです。

そして貯玉を使うと、貯玉手数料が無料の範囲内では等価交換と同じ扱いになるので、ボーダーラインが下がります。

こうすることによって短時間でもボーダーラインをある程度超える台を打つことが出来ます。

しかし貯玉制度を導入しているホールの中には、「貯玉制度があるから」という釘調整をされることがあります。

つまり低換金率にもかかわらず、「貯玉を使って」ボーダーラインを超えるか超えないかぐらいの回転率に設定しているホールがあるということです。

その辺にも注意しつつ立ち回りましょう。




posted by 虹のジョー at 12:43| Comment(0) | 立ち回り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

釘が読めない人におすすめの立ち回り

釘ってみなさん見てから座っていますか?
大抵の人は見ていないように見えます。どっちかというと台のデータや波ばかりみていませんか。

4f4f7f5b.jpg

私はどうかというと、あまり見ていません 笑
私は仕事が終わって夕方から立ち回ることが多いので、釘を見なくてもここは甘い台だと予想が立てやすいのです。

どういうことかというと釘が甘い台は朝から朝からパチンコを打っている人がぶん回しているので、総回転数が多んです。

ここで注意すべきは
・新台はヘボ台でも回してある可能性が高いってこと。
・確変の爆発は数に入れないこと。

みなさんがいつも通ってるパチンコ店はどんな特徴がありますか?
私はあまり人が多すぎる店には行きません。
常に客が満杯のホールではライバルが多くなかなかこの作戦は通用しないので、ホール選びも重要ですよ。



posted by 虹のジョー at 21:22| Comment(0) | 立ち回り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする