2016年01月05日

パチンコで勝てる人と負ける人の違い

パチンコで勝てる人と負ける人の違いは、
知識です。

あなたの今打っている台が、どれぐらいのレベルか
わかりますか?

thG9YQ8W7O.jpg

これが分かる人が勝っている人です。

パチンコに勝ち方はひとつしかありません。
勝てる台を打って負ける台を見極めて捨てれるか、なんですよ。


それこそがパチプロの打ち方なのです。

パチプロだから出来ることだと思っていませんか?
誰でもパチンコの仕組みさえ分かれば勝てますよ。

例えば、
円の面積を求めなさいと言われても、
独学では、なかなか解けませんよね!?

ですが、教科書があることによって公式が分かります。
あとは、数字を入れていけば解けますよね。

パチンコもこれと同じなんですよ。

パチプロは、例に漏れずデータを記録しています。
そのデータを公式に当てはめれば、台のレベルが分かります。

負けている、ほとんどの人は、
ただ単に、〇回転ハマったからそろそろ当たるかも!とか
〇回転までにつかなければハマるとか、根拠のないことばかりです。

そもそも、その方法で勝っていますか?
それを教えてくれた人は勝っていますか?
答えはNOですよね。
当たり前ですが。


そんな方法で勝てるのだったらパチンコ屋は潰れますし、
パチプロは廃業です。

パチンコ屋は、なぜわざわざ客が嫌がる回らない台を作るのか、
なぜ、閉店してから疲れているのに釘を叩くのか。


ホルコン操作や、遠隔操作なんてものが出来るのであれば、
どこのパチンコ屋でも釘なんて触りたくもないし、
客も満足するような回る台だらけの店にすると思いませんか?


パチンコで負けている人ほど、
「この台は、これからハマるよ」とか「ハマったから連チャンするね!」
と、語りたがります。



posted by 虹のジョー at 17:50| Comment(0) | 勝つための心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確率について考える

「確率」と言う言葉ほど、厄介な物は有りません。近代数学的に確率論は有る程度確立されてはいるものの、やはり不確定要素には変わりなく、断定的な捕らえ方が決して出来ない事柄なのです。国内に於いて、確率論の権威と言う方と以前一緒に仕事をした事が有りますが、やはり統計確率に大きな比重を置かれていました。つまり数学的な確率論にはやはり限界が有ると言うことなのでしょう。
garo.jpg

 そこで、まずここでは数学確率に対して比較的否定的な見解を元に説明致します。
 1/2 と 1/4 は数学的には倍数差であり、その倍数差での確率の違いはずっと比例し続けると考えられがちです。しかし、そうでは無い所に確率マジックが存在します。それは統計スパンの違いから来るものです。
 少し分かりやすく説明するならば、例えば、コイン投げで表を出す事を目指した場合、1/2の3倍で有る 6回、裏が出続ける事は極希です。しかし、サイコロで1の目を出す事を目指した場合、1/6の3倍である18回、1を外し続ける事はコインの場合よりも有りえるのです。
 この時、コインの場合、もしかすると50回程度で 1/2へと確率は収束するかも知れません。(この時、1/2に対し25倍幅です)しかし、サイコロの場合は同じ25倍幅で収束すると考えても、150回必要で、しかも150回で収束するとは思えないのです。つまり、確率が低くなればなるほど収束スパンは増大して「波が荒くなる」のです。波が荒い場合、その時点でその確率は殆ど意味を持たなくなり「運」任せと言う、これまた更に不確定な要素への比重が高くなるのです。なぜ私がパチプロから足を洗ったのか、それは高確率で当たる台が消えさったからだったりします。なので、現代に於いてパチプロで生活して行くのは非常に大変で、かなり運に頼る必要が有ります。とても運が悪い私には無理なので足を洗いました。
 さて話が少々横道にそれましたが、話を元に戻します。当たり確率は低くなればなるほど確率自体がアテにならない物となって行きます。そして、当たり確率がアテにならなくなればなるほど、そこからはじき出された「機械割り」もアテにならなくなるのです。逆に言えば、当たり確率が高ければ高いほど、その確率はアテになって来ます。そして、その確率からはじき出された機械割りも信憑性を持ってくるのです。よって、例えばCRエヴァンゲリオン等は当たり確率が低く、確変突入率が高い機種と、当たり確率が高く、確変継続率が低い機種が有りますが、狙い目は間違いなく「当たり確率が高い機種」です。
  そう、全体的に攻略本のデータを元に打つ機種を選ぶ際は、単に機械割が優秀な機種をピックアップするのでは無く、「当たり確率が高く、且つ機械割が優秀な機種」をピックアップする事が必勝への近道となるでしょう。確変突入率等は2の次で良いのです。
 また、もう一つ確率で気にしなければならない事が有ります。 それは 1/2 と 3/6 は数学的には同じでも、実は全くの別物だと言う事です。コインの裏表とサイコロの奇数偶数の割合で考えるとその違いは分かり辛いと思います。なぜなら、分母に余り差が無く、その割りに分子の差が大きいからです。ですので、もう少し感覚的に分かりやすい例で言いましょう。
 例えば、1/200 で当たる機種が有ったとします。もしこれが本当に 1/200 ならば、ハマってもせいぜい600程度と言うシーンが多くなるでしょう。しかし、もしその台が実は 3/600 と言う仕組みだった場合、低く見積もっても800程度、下手すれば1200程度のハマりはざらに起こりえるのです。しかし、確率収束スパンを無視すれば、1/200 も 2/400 も 3/600 も全て 1/200 に必ず収束しますが、数学的に同じ確率でも分母が大きければ大きい程収束スパンは長くなり、不確定要素が大きくなるのです。
posted by 虹のジョー at 01:00| Comment(0) | 勝つための心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パチンコ攻略本の読み方

これから述べる事はパチンコに限らずパチスロにも言える事です。
 コンビニなどで多くのパチンコ・パチスロ攻略本が売られています。これらの攻略本は先にも述べた通り、勝つ為には必須アイテムです。
 しかし、大切な事が有ります。それは、「信用しないで読む」です。
akb.jpg

 一見矛盾している様に聞こえるかも知れませんが、要は攻略本には勝つ為に必要な情報と、負けを誘う情報が入り乱れていると言う事を知ることが大切だと言う事です。
 例えば、あるパチスロ攻略本等では、「設定を見抜いて打つ事が大事。設定を見極める為には2000回以上回した確率で判断すべきだ」等の記事が書いて有りましたが、これなんかは愚の骨頂です。ちょっと頭の回る方ならすぐに分かると思いますが、2000回転させる為には、最悪6万程度飲まれる可能性が有ります。そこまでして設定を見抜けたとしても、その台が翌日も同じで有る保障も無く、余りにもメリットが有りません。この様な言葉を信用して打つ方はまず間違いなく「負け組み」になるでしょう。これは比較的分かりやすい「なぜ信用してはいけないのか」の例でしたが、他にも沢山「信用してはいけない」事柄が有ります。
 その中でも特に大切なポイントを上げて見ます。
 まず、「この機種が狙い目だ!」的な記事は信用してはいけません。攻略本は、紹介した機種の全てが「勝つ可能性が大きい」と言うニュアンスで書かれます。逆に言えば、「この機種は打ってはいけない」的な記事は皆無です。
 攻略本の出版社や編集部には色々な「大人の事情」が有り、特定の機種の悪口は決して書けず、逆にどんなに勝てない台でも読者に「打ってみよう」と言う気にさせなければならない事情が有るのです。これらのマインドコントロールに乗っていては、勝てる見込みはどんどん少なくなっていきます。
 では、どの様な記事が有用なのか、それは客観的な機械データです。
 つまり、「機械割り」や「確率」、「カウンターサイクル」、そして「ROM解析フロー」等です。これらはプログラム解析をした結果を分かりやすく書かれており、攻略本の中で唯一信憑性が有る情報です。
 ただし、ROM解析フローや、プログラム解析を根拠にした攻略法なども100%信用出来る物では有りません。過去に間違った解析結果と、その間違った解析を元に攻略を打ち立てた攻略本も少なからず有るからです。よって、ROM解析関連の記事は、9割がたの信憑性で読みましょう。




posted by 虹のジョー at 00:57| Comment(0) | 勝つための心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

ホールでパチンコ打ってても、負けてるときは、かなり切なくありませんか?

ホールでパチンコ打ってても、負けてるときは、かなり切なくありませんか?


「なんで単発ばっかりなんだよ〜」
「あ〜〜〜負けた分取り返さないといけない・・・・・取り返せるかな〜」
「また銀行、行ってお金下ろさないといけない・・・・・」
「今のプレミアムリーチなんで外れるんだよ!」
「エッ〜〜!さっきまで座ってた台、大連チャンしてるよ〜」



などなど・・・


37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a317-700x350.jpg


せっかくストレス発散のためにパチしてるのにストレスが逆にたまったりしませんか?
私は、かなり溜まりますね〜





どうせパチするなら、負けてるより勝ってるほうが断然楽しく打てますよね^^



勝ってるときは、ドリンク片手に煙草を吸って
他の人が打ってる台のリーチアクションを見たりしながら
優雅な気分で打つことができますよね♪



これなら、ストレス発散できますよね(・∀・)b







でも、大半の人はパチしてても、


「ここ半年程、全くといっていいほど勝ってません(゚д゚lll)」
「負負負(勝)負負負負(勝)・・・・・といった状況。もっと勝ちを増やしたいです。」
「最近パチンコ負けまくってる・・・・・そろそろ大連チャンしたい!」
「もう何を打っても負け続けています・・・・・ドル箱たくさん積みたいです!」
「パチンコやめたいけれどやめれない・・・・やっぱり大好きだ!けど勝てないんだよな〜〜」



など、負けてる人のほうが多いんじゃないでしょうか?





では、どうしたらパチンコで勝てる可能性を上げて
ストレス発散ができるようになるんでしょう?


当然、パチンコ屋も経営されているいじょう、
必ず経営者側の取り分が発生します。



しかし、ホールに目を向けると
勝ってる人もいれば、負けている人もいます。



それでは、勝ち組と負け組みの違いは、どこにあるのでしょう?



それは、運のときも当然ありますが、



意図的に勝てる可能性を上げるには、正しい知識を増やし、
それを確実に実行でき、尚且つ自己管理ができるようになる必要があります。



パチンコでの「自己管理」とは


勝てる見込みの台が無ければ、ホールへ行っても打たずに帰る。
その日負けてても、良い台が無ければこれ以上打たない。
その日低投資で出してても、持ち玉だからといって無駄な投資は避ける。



このようなことが必要だと思います。




posted by 虹のジョー at 00:43| Comment(0) | 勝つための心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

過去最高負け額

71470ed3.jpg
こんばんは 虹のジョーです
パチンコで負けるのって怖いですよね

一日好きなだけパチンコを打ってどんだけ負けることができるのか。
私の最高負け額は16万円です( ;∀;)
こんなに負けたら立ち直れないですよね普通は

でも不思議なことに次の日は18万勝ちました。
パチンコって結局こういう勝って負けての繰り返しです。
負ける日は必ずあります。誰も避けて通れません。
勝つ日と負ける日それを何度も繰り返した結果がどうなるか、、、、
パチプロとお客さんの違いは一日での差ではなく1か月後1年後に出てきます。

今後もパチンコを楽しみたいならその日の結果に一喜一憂するよりも1年後を見据えて立ち回りましょう。

posted by 虹のジョー at 01:13| Comment(0) | 勝つための心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
賢い人はやっている!【厳選☆お金の稼ぎ方情報】
あながたパチンコで勝ち続けているなら、そのままパチンコで稼ぎ続けて下さい。
だけどパチンコに負けているだけの人は、お金と時間を浪費し続けている現実から目を背けてはいけません。
どうしても勝てなくて悔しい思いをしている人は、稼げないパチンコから脱出してお金の稼ぎ方を学びませんか?
パチンコよりもずっと有意義な時間とお金を得ることができるでしょう。
パチンコで負けて悔しい思いをしている方へ、運営しているブログで私が稼いでいる方法をすべて無料で公開しています。
負け組から脱出したいとき、人生を変えるヒントになれば幸いです。


モッピーですぐにお金をゲットしませんか?
お金がなくて困っているあなた、モッピーなら空いた時間でお金を稼ぐことができます!アンケートやゲームのアプリダウンロードだけでも、すぐに現金に交換できるポイントが貯まるんです。
使い方次第で、すぐに1万円以上を稼ぐことだって可能! 完全無料で利用できる優良ポイントサイトを使わないのはもったいないですよ♪

モッピーに無料登録して今すぐポイントを貯めよう♪
>>
無料登録はコチラ

モッピー!お金がたまるポイントサイト