2017年05月23日

パチンコは勝てる!

パチンコは勝てる!
こう聞くと胡散臭いと思う人も多いはず。
だって大勝してもすぐにその分負けちゃうよ、そんな声も聞こえてきそうです。
でも勝てるってことがわかっている人達にとっては、立ち回りに対する考え方が負ける人たちの思考と全く違います。
どう違うのかというと、本当にシンプルです。
ちゃんと勝てる台に座ることができているかどうか。
それが全てです。
絶対にその日勝てる台なんてありません。
でも勝ちも負けも今日1日の出来事ではありません。
明日も明後日も1年後も。パチンコが好きなら打ち続けているでしょう。
そしてその1年後、勝っている人と負けている人は運が良い悪いではなく、勝てる台に座り続けてきたかどうかによって明暗が分かれている事でしょう。
あなたは今日の価値にこだわって一発逆転ばかり狙っていませんか?
自分の立ち回りを見直してみてくださいね。
posted by 虹のジョー at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

残金有りカードに避けては通れないトラブル

最近のパチンコホールでは当たり前のように導入されている、1万円や5千円など高額紙幣に対応しているサンド。

カードやコインなどで余った金額分も精算機で払い出してもらえるので、いちいち1000円を入れる必要がないので、すごく便利です。
北斗強敵-高設定確定上乗せ.jpg

しかし、残金が残っているカードを忘れないように注意していても、ボーっとしていたり、疲れていて、
•「あれ?さっきまであったのに、どこにやったっけ?」
•「本日限りなのに、精算し忘れて持って帰ってしまった!」

などの事態に陥ったこと、誰しもありますよね?
どういう時に残高カードを忘れやすいか

まずはどういった時に残高カードを忘れやすいのか?
•頻繁に台を移動し、精算カードもその都度抜き差ししている時
•普段はあまり入れないポケットに入れてしまう
•持ち歩いていたが、ホールのどこかで落としてしまった

などでしょうか。とにかくこういった時はカードのありかをしっかりと確認するようにしておきましょう。


カードを無くした時の対処法

無くした時は恥ずかしがらずに店員さんに相談することです。

自分の勘違いであったとしても問題ありません。



ホールによって対応の丁寧さは変わってきますが、大抵のホールでは
•カードをどこで使ったか?
•いつ精算したか?

などの履歴は調べれば分かります。

その履歴と監視カメラで映っている情報を合わせて、どこで無くしたかがある程度掴めるというわけです。



今回のようにカードを盗られた場合も犯人が確定すれば返金するように言ってもらえます。



ただし、すでに逃げられている場合はお金はほぼ返ってこないと思って下さい。

当人同士の問題ですので、ホールが返金してくれることは100%ありません。



カード紛失に気づいたら即探し、できるだけ早く店員さんに相談するようにしましょう。



他人のカードを盗る行為はすべてバレている

このようにカードの履歴は逐一データとして残っていて、監視カメラも作動していますので残高カードを盗む完全犯罪はほぼ無理です。

盗られた人が店員さんに相談しなければ分かりませんが。



その日は上手く逃げおおせても、ホールには「コイツは残高カードを盗る人」とマークされることにもなりますので、 犯罪行為やマナーを逸脱した行為は慎みましょう。



それにこういったセコい行為をする人はパチンコパチスロで勝てる人ではありません。



その日限りのカードを精算し忘れてしまった時の裏技

カードを無くすことと同じくらい多いのが、本日限りの残高カードや持ち玉有りカードを精算し忘れて持って返ってしまうことです。



本日限りの名目通り、カウンターや精算機で交換してもらえることはありません。

かといって、ムダになるわけではありませんので次の方法を試してみてください。



精算不可カードを台のサンドに入れてみる

精算ができないだけで、カード自体は台に入れてメダルや玉が使えるというホールは多いです。

打ちたい台がある場合は、そのまま残高分使えますので打ってしまいましょう。

打たない場合は、メダルや玉を払い出し、そのまま打たずに交換してしまいましょう。



この方法なら、精算不可のカードであってもしっかり活用することが出来ます。



ただし、あまりにも期間が空きすぎてしまったカードはサンドに入れても使えなくなってしまいますので、未精算カードに気づいたら、早めにホールへ行くことが重要です。


posted by 虹のジョー at 18:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

パチンコ屋でアルバイトってどうだろう。

pcb1202220511000-p12.jpg

パチンコ店のお仕事には、ホールスタッフとカウンタースタッフの2種類があります。

ホールスタッフは、店内の清掃やお客様の案内、ドル箱の交換や移動、出玉の交換などをメインに行います。慣れてくると、パチンコ・スロット台のトラブル対応を行うこともあります。通路を回って飲食を販売などを行う店舗もあるようです。

カウンタースタッフは、出玉と景品を交換したり、各種サービスの提供、会員カードの受付けなどを行います。

どちらの職種も、お客様に快適に過ごしていただくため、心からの笑顔でお迎えするよう求められます。未経験者でも仕事はできますが、業務に携わるようになったらお客様に質問されてもスムーズに対応できるように、専門用語や機種の特徴などを覚える必要もあるでしょう。

パチンコ店のアルバイトは全国的に求人が多く、地方でも比較的見つけやすい、というメリットがあります。また、平均して時給の高い求人が多く、安定して高収入が期待できるというメリットもあります。売上状況によっては「大入り袋」が出ることもあり、あえて繁忙期のシフトに入ることで、臨時収入を狙うことも可能です。

また、パチンコやパチスロをやったことがないという方でも、パチンコで遊ぶ際の基本的な動きや、メンテナンスの方法を研修や試用期間中に身に付けることができますので、パチンコ業界未経験者でも安心して働くことができます。
パチンコが好きなら一度は働いてみたいですよね。



posted by 虹のジョー at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

300万台が不正改造

今までのパチンコ台は釘をいじって出玉を調整するのは当たり前となっていました。

元々パチンコ台は釘を出荷時から変えてはいけない、改造してはいけない…というのは決まっており、これは前々から警察から言われてた事なんですよね。

それがとうとう本格的に指導が入った…という感じです。

今出回ってるパチンコ機約300万台は、ほぼすべて釘調整による出玉管理をしてますし、そもそもメーカーが出荷段階でヘソ以外の入賞口に入りにくいように不正している事が指摘され、これらすべてを改造機と見られています。

実際に今ホールにあるパチンコ機すべてが回収されるとも思わないですが、2016年に大規模回収になる事は間違いなさそうですね。
パチンコで釘を操作できなくなるとすると、ほとんど各台による出玉の差は無くなってきます。

よって、均等に負ける台になってきて、パチンコで勝つ事自体不可能になってくると思われます。

そもそも止め打ちもダメだと指摘されてますし、攻略要素はほぼ無くなりますね。

もし、スロットのように大当たり確率に設定差が設けらたり、天井機能が付いたりすれば攻略要素はありますが、もし今のようなスペックのパチンコで釘がいじれないとすれば、攻略要素はほぼ無くなると考えていいでしょう。

パチプロにとっては大問題になりますねー。
ただ、これによってパチンコ業界が衰退するかどうかは、個人的には別問題だと思います。

パチプロがいなくなっても、一般パチンコユーザーがいれば問題ないですからね。

そもそもパチンコユーザーのほとんどはオカルト理論者で、釘による回転数を気にしている人はほとんどいません。
よって、期待値的にプラスになる台が無かったとしても、一般ユーザーにとっては対して変わらないんじゃないかと思います。



posted by 虹のジョー at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

どうもあけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。ご無沙汰しております。

昨年末は仕事や行事が忙しくてあまり稼働ができておりませんが、
ブログを書き始めてからの収支を発表します。
10月 +49700円
11月 +27400円
12月 -6400円

トータル+70700円でした。
稼働時間があまりとれずに思わしくない結果となりましたが、今年からまた再度地道に頑張っていきます。

話は変わりますが、大晦日の紅白の氷川きよしは超面白かったですね。集団五郎丸とかもうウケ狙いまるだしです 笑

今年はパチンコもそうですが、仕事やプライベートも大事にしていきたいと思っております。
皆様も良い1年となるように願っております。
今年もよろしくお願いいたします。




posted by 虹のジョー at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事