2017年12月04日

「パチンコを続ける人」は未来を4パターンから選びなさい

パチンコが大好きな人間に残された選択肢は意外と少ないのだ。
パチンコを続けるあなたは、今後どのパチンコライフを選びますか?
以下の4つの中から選びなさい。

@パチンコでたまに遊ぶ(負け組)

・お金でストレス発散ができる
・遊ぶって時点で負け組
・お金は失っても仕方ないよね。遊びだから


Aがっつりパチンコで遊ぶ(負け組)

・パチンコ屋にとにかく居たい人
・パチンコでお金を使っても痛くも痒くもないお金持ち
・1円パチンコで時間だけを浪費する
・負け組コミュニティの輪に入りたい人

Bパチンコでたまに稼ぐ(勝ち組)

・立ち回りを知っている
・パチンコの仕組みを本当に理解している
・2足のわらじで社会的な立場も確立
・パチンコは趣味の一環でもある

Cパチンコを本業にする(勝ち組)

・パチンコ屋に毎日いる日々
・パチプロ期間が長いほど社会復帰は絶望的
・パチンコ関係以外の友達はいない
・どんなに稼げたとしても、誰にも尊敬されない

パチンコを生涯続ける人の末路は以下のどれかに当てはまる。
Aのパチンコでがっつり遊ぶ人が一番悪いのは、誰でもわかることだろう。
そして、Bが一番賢い人だと私は考えている。

だけど@とCどっちが悪い?と聞かれると少し迷う。
だが社会的な立場から言えば、たまにパチンコで遊んでいる@の方が定職があるだけ良いだろう
パチプロに行きついた人は、あまり幸せそうに見えないのも事実だ。
それ以上に将来的な不安が付きまとうだろう。

そして、自分の職業を問われたときに、「パチプロです」なんて言えないだろう。
職業を問われることは日常的によくあることだ。パチプロは常識の範囲内で職業とは言えない。
職業なら、パチンコで勝った儲けから所得税を支払うべきだ。つまり、パチプロは税金を払っていないので、コツコツ働いて税金を毎月収めている人から見れば、煙たがられる存在なのだ。


パチプロという生き方を選んだ人の中には、自分がパチプロであることにコンプレックスさえ抱いている人もいるようだ。
人とは違う、アウトローなパチプロという生き方。
選びたければ選びなさい、ただしそれは思っているほど良いものではないのだよ。

posted by 虹のジョー at 02:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、確かにパチプロは幸せそうに見えないし、実際そんなに幸せではないと思う。雑誌に登場するプロもどうなんだろう。勝ち負けなら勝つ方がいいけれど、負けても被害が少なければ、負け組でもいと思う
Posted by ぽんた at 2017年12月18日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

【ブログランキング1位】疾走中!
にほんブログ村 パチンコブログ サラリーマンパチンカーへ
にほんブログ村

【厳選!お金の稼ぎ方】

「学生専門のローン」だから初めてでも、安心して利用できます。

祝い金10万円!あなたもパチンコ屋で働く仲間になりませんか?