2016年06月06日

残金有りカードに避けては通れないトラブル

最近のパチンコホールでは当たり前のように導入されている、1万円や5千円など高額紙幣に対応しているサンド。

カードやコインなどで余った金額分も精算機で払い出してもらえるので、いちいち1000円を入れる必要がないので、すごく便利です。
北斗強敵-高設定確定上乗せ.jpg

しかし、残金が残っているカードを忘れないように注意していても、ボーっとしていたり、疲れていて、
•「あれ?さっきまであったのに、どこにやったっけ?」
•「本日限りなのに、精算し忘れて持って帰ってしまった!」

などの事態に陥ったこと、誰しもありますよね?
どういう時に残高カードを忘れやすいか

まずはどういった時に残高カードを忘れやすいのか?
•頻繁に台を移動し、精算カードもその都度抜き差ししている時
•普段はあまり入れないポケットに入れてしまう
•持ち歩いていたが、ホールのどこかで落としてしまった

などでしょうか。とにかくこういった時はカードのありかをしっかりと確認するようにしておきましょう。


カードを無くした時の対処法

無くした時は恥ずかしがらずに店員さんに相談することです。

自分の勘違いであったとしても問題ありません。



ホールによって対応の丁寧さは変わってきますが、大抵のホールでは
•カードをどこで使ったか?
•いつ精算したか?

などの履歴は調べれば分かります。

その履歴と監視カメラで映っている情報を合わせて、どこで無くしたかがある程度掴めるというわけです。



今回のようにカードを盗られた場合も犯人が確定すれば返金するように言ってもらえます。



ただし、すでに逃げられている場合はお金はほぼ返ってこないと思って下さい。

当人同士の問題ですので、ホールが返金してくれることは100%ありません。



カード紛失に気づいたら即探し、できるだけ早く店員さんに相談するようにしましょう。



他人のカードを盗る行為はすべてバレている

このようにカードの履歴は逐一データとして残っていて、監視カメラも作動していますので残高カードを盗む完全犯罪はほぼ無理です。

盗られた人が店員さんに相談しなければ分かりませんが。



その日は上手く逃げおおせても、ホールには「コイツは残高カードを盗る人」とマークされることにもなりますので、 犯罪行為やマナーを逸脱した行為は慎みましょう。



それにこういったセコい行為をする人はパチンコパチスロで勝てる人ではありません。



その日限りのカードを精算し忘れてしまった時の裏技

カードを無くすことと同じくらい多いのが、本日限りの残高カードや持ち玉有りカードを精算し忘れて持って返ってしまうことです。



本日限りの名目通り、カウンターや精算機で交換してもらえることはありません。

かといって、ムダになるわけではありませんので次の方法を試してみてください。



精算不可カードを台のサンドに入れてみる

精算ができないだけで、カード自体は台に入れてメダルや玉が使えるというホールは多いです。

打ちたい台がある場合は、そのまま残高分使えますので打ってしまいましょう。

打たない場合は、メダルや玉を払い出し、そのまま打たずに交換してしまいましょう。



この方法なら、精算不可のカードであってもしっかり活用することが出来ます。



ただし、あまりにも期間が空きすぎてしまったカードはサンドに入れても使えなくなってしまいますので、未精算カードに気づいたら、早めにホールへ行くことが重要です。


posted by 虹のジョー at 18:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
ちょっとしたあたりでもすぐに抜く癖つけてるのでカードは落としたことないです
コインはなくしたことあります^^;家に帰って見つかって翌日使いました・・・・
Posted by at 2016年07月26日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: