2018年04月08日

パチンコで「次に勝ったら辞める」という考え方では辞められない理由

パチンコで負けが続いているとき、「今度勝ったら辞める」と思ったことはありませんか?
だけど実際にそこで勝ったとしても、パチンコを辞めるきっかけにはなりませんよね。
だって勝ったら、次もまた勝てるかもしれないという希望が生まれてしまいます。

563567.jpg

勝った時点で辞めることができる人って、中々いないのがパチンコです。
パチンコで勝ったら辞めるという考え方はただの甘えです。


つまり・・・


本当はパチンコで負けた時に辞めることを決意するべきなのです。

1002937.jpg

例えばパチンコで明日10万円負けたとします。
あなたはもう2度とパチンコを打たないと思いますよね。
だけど、明後日が給料日ならどうでしょう?
10万円負けた悔しさから、リベンジしようという考え方に心変わりしてしまうかもしれません。どんなに負けが悔しくても、もう二度とパチンコ屋に近づかないという決意をしなければパチンコを辞めることはできません。

正直パチンコで稼ぐくらいなら、時給1000円のアルバイトをやっていた方が安定して稼げますよ。
特にパチプロの目を持っていない素人パチンカーは早く撤退するに越したことはありません。

あなたがもしパチンコを辞めると思っているなら、すぐに辞めないと結局パチンコに振り回されて人生を棒に振ってしまいません。
posted by 虹のジョー at 22:24| Comment(0) | パチンコ依存症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

賢い人はやっている!【厳選☆お金の稼ぎ方情報】
あながたパチンコで勝ち続けているなら、そのままパチンコで稼ぎ続けて下さい。
だけどパチンコに負けているだけの人は、お金と時間を浪費し続けている現実から目を背けてはいけません。
どうしても勝てなくて悔しい思いをしている人は、稼げないパチンコから脱出してお金の稼ぎ方を学びませんか?
パチンコよりもずっと有意義な時間とお金を得ることができるでしょう。
パチンコで負けて悔しい思いをしている方へ、運営しているブログで私が稼いでいる方法をすべて無料で公開しています。
負け組から脱出したいとき、人生を変えるヒントになれば幸いです。


モッピーですぐにお金をゲットしませんか?
お金がなくて困っているあなた、モッピーなら空いた時間でお金を稼ぐことができます!アンケートやゲームのアプリダウンロードだけでも、すぐに現金に交換できるポイントが貯まるんです。
使い方次第で、すぐに1万円以上を稼ぐことだって可能! 完全無料で利用できる優良ポイントサイトを使わないのはもったいないですよ♪

モッピーに無料登録して今すぐポイントを貯めよう♪
>>
無料登録はコチラ

モッピー!お金がたまるポイントサイト
パチンコは「dead or alibe」というのが当ブログのテーマです。

パチンカーは常に「勝つか負けるか」の2択を迫られます。

そして90%の人が「dead」つまり負けるという選択をしています。

しかし「負ける選択」と聞くと少し違和感を覚えるかもしれません。

「負ける選択なんてしてない!」と。

誰だって大金を失う選択なんてしたくないと思うでしょう。

しかし負けているあなたは、負ける選択を100%あなた自身がしています。

今パチンコで負けて苦しい思いをしている人には、厳しいことを言うかもしれません。

だけど、負ける台や負ける店を選ぶ選択は誰がしていますか?

他ならぬ、あなた自身がすべて意思決定して行っていますよね?

負けることを店や台のせいにするのは、すべて逃げ口上で自分への言い訳です。

何度も言いますが、
パチンコには「dead or alibe」のどちからしかないんです。


もう負けたくなければ、あなたには2つの脱出方法があります。

それは「勝つ」「やめる」かです。

残念ながら、他に選択肢はありません。


@勝つ選択をする


パチンコが大好きで一生パチンコと付き合っていくなら、あなたはパチンコで勝つしかないのです。

あなたがこれから本気で勝ちたければこれを読んで人生を変えて勝ち組になって下さい。


超:パチンコ業界から圧力をかけられるかもしれない正当な攻略法

設定6を掴むためのジャグラー営業裏話
Aやめる選択をする


パチンコで負けるのが嫌なら、パチンコをやめることも立派な選択です。

本気で辞めたい人は、これを読んで欲しいと思います。

これまで脱パチできなかった経験がある人も、絶対に脱パチできる最終兵器です。


脱パチの最終兵器


どちらを選ぶかはあなた次第、人生を変える覚悟を決める時ではないでしょうか。